体の動きによる違い

見る人の目を和ませる動物のイラスト

文章の中に、一カ所だけでも絵が入っているとそのページが和みます。またちょっとした小物などにも、お気に入りの絵柄があると嬉しいもの。
特に動物のイラストは、かわいらしくて子供にも大人気です。誰の目にも親しみやすいことから、普段あまり絵は描かないけれど、描けたらいいなと思っている方も多いのではないでしょうか?
動物にはそれぞれ体に特徴があります。例えば、うさぎと言えばあの長い耳、パンダだったら白黒のツートンカラーとコロンとした丸い体などですが、そうした個性をはっきり表現すると見る人に伝わりやすくなります。あとは、どういうニュアンスを盛り込むかが大切です。同じライオンのイラストであっても、怖い感じを強調するのか、それとも愛嬌のある雰囲気にするのかでガラッと印象が変わってきます。

体の動きを捉えることでワンランク上の表現に!

動物の顔の表情はもちろん、体の動きを利用すれば、より表現の幅が広がります。例えば、猫が全身の毛を逆立てて前のめりに構えているのであれば、何かに驚いて怒っていることが分かります。また、嬉しそうな顔で仰向けに寝ていれば、すっかり気を許してリラックスしている様子が伝わって来ます。 そんな時、無意識に動物たちをまるで人間であるかのように擬人化して捉えていると思うのですが、人間と動物とでは体の構造が違います。人間になぞらえてデフォルメする場合でも、一応動物の骨格や、筋肉の付き方などを図鑑で確認しておくと、動きを表現する時に役にたちます。また、リアルなイラストでないにしても、そうしたことを理解しているかどうかで表現に違いが出てきます。 動物たちの動きを色々な視点から楽しみながら、表情豊かなイラストにトライしてみましょう!